ほうれい線を消して老け顔防止|若々しい肌を取り戻す

レディー

切らない若返りのプチ整形

治療

治療を受けるときの注意点

プチ整形で顔のほうれい線を取るには、サーマクールやウルセラシステムなどの若返り効果がある光線を使う治療や、ヒアルロン酸注射などの注射系の治療があります。光線を照射して行う治療は、表皮にダメージを与えないで頬のたるみをリフトアップし、ほうれい線をなくすことができます。ただし、顔の中に金属プレートを埋め込んでいる人や、プロテーゼを入れている人などは、光線の照射は禁止されています。また、トレチノイン療法を受けている人やケミカルピーリングをやったばかりの人も、肌が敏感になっているのでしばらく間をあけて治療をする必要があります。ヒアルロン酸注射の場合、たるみやシワがある部分を狙ってピンポイントで肌にハリを持たせることができます。顔の中に金属プレートやインプラントが埋め込んであっても、その部分を避けて注射ができます。ヒアルロン酸は体内にも存在する物質なのでほとんどアレルギーはありませんが、治療をする医師の腕が未熟だとしこりになる場合があります。また、ヒアルロン酸自体の質が悪いことでも副作用が出るリスクが高まります。それらを考えて、経験値が高い医師がいて、品質のいいヒアルロン酸を使っているクリニックを選ぶ事が大切です。

光線でリフトアップ

今は医療技術が進化しているので、メスを使わない簡単な美容整形でシワやたるみ、ほうれい線を取って若返りができます。最新の光線を使って行う若返り治療が「サーマクールCPT」です。従来型からパワーアップしたサーマクールCPTは、さらに肌の引き締め・肌の再生促進効果が高くなっています。従来のサーマクールNEXTは、施術中かなりの痛みが伴いました。しかし、最新のCPTは痛みがほとんどないので快適に施術が受けられます。そんなサーマクールCPTよりも若返り効果が高いと最近注目されているのが、「ウルセラシステム」です。サーマクールCPTは高周波RFで真皮のコラーゲンを増やすのに対し、ウルセラシステムでは超音波エネルギーで真皮よりも下層にあるSMAS筋を刺激します。SMAS筋は皮膚を支えているベースです。超音波のエネルギーによってSMAS筋を強く収縮させることで、たるんでいる皮膚が筋肉と一緒にリフトアップされます。筋肉と皮膚が一緒に引き締まるので、目の下のたるみ、口元のほうれい線の解消が同時にできます。今のところメスを使わないで肌のリフトアップができる美容マシンは、ウルセラシステムだけと言われています。

Copyright© 2016 ほうれい線を消して老け顔防止|若々しい肌を取り戻す All Rights Reserved.