ほうれい線を消して老け顔防止|若々しい肌を取り戻す

レディー

老けて見えるシワの対策

顔を触る婦人

紫外線対策で予防する

ほうれい線というのは小鼻の両わきから口の口角にかけて延びている太いシワのことです。誰にでもほうれい線はありますが、目立つ人とそうでない人がいます。ほうれい線がくっきり見えると老けた印象になるので、できるだけ目立たなくなるように若い頃から工夫する必要があります。特に紫外線に当たらないような工夫をするべきです。肌の老化現象の80パーセントは紫外線だといわれているので、外出する時には日焼け止めクリームを持参して、適宜塗る必要があります。外出すると汗でクリームがとれてしまうので、その都度塗り直すぐらいの注意をすべきです。また人間の肌にはコラーゲンが存在しており、それによって肌のハリを保っているのです。年齢やストレスによってコラーゲンは減少するので、若いうちからコラーゲン入りの化粧品を使ってスキンケアをするとほうれい線の予防にもなります。コラーゲンを増やす成分としてはレチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどですが、これらの成分が配合された化粧品を使うと、肌のコラーゲンを活性化することができます。このような工夫を若いうちからやっておくとほうれい線をある程度防ぐことができます。それでも加齢と共にコラーゲンは減少し、ほうれい線はできます。その時には美容整形によって消すことができます。

ヒアルロン酸注射の効果

中高年の女性の悩みの1つがほうれい線ですが、美容整形の施術によって簡単に目立たなくすることができます。今ではプチ整形といってメスを使わない整形が可能になっているので、ほうれい線の場合でも簡単に施術ができます。プチ整形で主に行われているのがヒアルロン酸注射です。これはほうれい線の溝の奥にヒアルロン酸を注入することによって真皮層から表皮を持ち上げ、ほうれい線を目立たなくする施術法です。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、注入してもアレルギー反応や拒否反応を起こすことがないので安全です。注射をするだけなので10分程度で施術できますし、料金的にもリーズナブルなので人気があります。施術後もメイクができますし、普段通りの生活をおくることができます。ヒアルロン酸注射はほうれい線だけでなく、目元の小皺なども消すことができます。ただし効果が永続的に続くわけではなく、半年から1年に1回程度注射をする必要があります。それを2年から3年かけて続けることによって、定着させていくことができます。ヒアルロン酸には保水機能があるので、実際にヒアルロン酸注射をするとほうれい線だけでなく肌が瑞々しくなってアンチエイジング効果もあることが実感できます。

Copyright© 2016 ほうれい線を消して老け顔防止|若々しい肌を取り戻す All Rights Reserved.